1. >
  2. 新聞を読むことの大切さ

新聞を読むことの大切さ

我が家では、地方紙を定期購読しています。

なぜなら、主人が仕事上で新聞記事について、よく話題になるからです。

私の住んでいる地域は田舎で、昔から全国版の新聞より地方紙を取っている家庭が圧倒的に多く、高齢の方がいる家庭では尚更。

私の主人は、農業関係の仕事をしているため、田舎の高齢の方と話をすることが多く、話題作りとして、毎朝、欠かさず新聞を読んで出勤します。

まだ、以前、何かのデータで、親が新聞を読んでいる家庭と読んでいない家庭とでは、子供が新聞に触れる機会が圧倒的に少なく、将来、大人になってからも読む割合が少ないそうです。

私には中学と小学生の子供がおり、勉強、知識を増やすためにも、新聞を読んでほしいと思っているので、これからも親が見本となってよみつづけたいです

新聞は雑談ツールです

 実家から独立してからは新聞は購読していません。実家住まいの時はスポーツ紙、普通の新聞、特定団体の新聞が毎朝届き、私は特定団体の新聞以外を読み、出社するのが日課でした。

 スポーツ紙は、雑談ツールとして活用できました。お客さんはプロ野球好きな方、相撲が好きな方、芸能が気になる方、様々いらっしゃるので、スポーツ紙さえ読んでいれば雑談には困りませんでした。

 普通の新聞はざっとしか読みませんでしたが、ついてくるチラシは食い入るように見ていました。お得情報が隠れていないかと。特売が大好きな私はチラシ好きでもあります。

ネット時代でもなくならない新聞

英字新聞と日経新聞を読んでいます。

最近はネットニュースで済ませる人が多く、新聞を読まない人が増えてると聞きましたが、やはり新聞を読む事は重要だと思っています。

10年くらい前は、いずれ新聞は紙で無くなると言われていたけれど、今でも残っているのには、それなりに理由があると思います。

また、大人になるまで、新聞の情報を疑った事がなかったのですが、各新聞ごとに見解や切り口が違う事を知ってビックリしました。そして同時に、報道の怖さも感じました。